コンタクトレンズ通販の乱視の違い

乱視になっている場合その状態によって矯正が必要かどうかの判断が必要となります。軽度の場合はある程度補正するのでものを見る際に特に影響は出ません。よってコンタクトを作る場合軽いものであれば矯正用にしなくて良いところがあります。通常この症状の矯正の場合通常のソフトレンズでは行うことができません。よって酸素透過性ハードコンタクトレンズやそれ用のソフトコンタクトレンズを使用して矯正するのが一般的となっています。強度の症状の場合も専用のものでないと十分な視力が得られ無いケースがあるからです。最初にレンズを作るケースであればいきなり通販で購入するよりもまず眼科と併設しているレンズのお店系列から始めたほうがミスが発生しづらくなります。少なくとも矯正が必要かどうかは通販ではでき無いので眼科医師の判断が必要となります。

コンタクトにする場合の問題点とは

乱視用のレンズの場合通常のものと違いがあります。コンタクトレンズにおける近視や遠視との違いこの場合は正しい位置にレンズが固定されていないと効果が出無いので無意味になることがあります。また近視用遠視用と違いレンズに厚みがでてしまうので一般的なものよりも付け後ことが悪くなる傾向となります。それだけではなくレンズの上下があることです。間違えると異物感でゴロゴロしてしまいます。一般的なレンズよりも装着が良くないので使用する場合注意しなければなりません。よって長期使用にむかない傾向のレンズになってしまいます。コンタクトにする場合メガネとセットで利用するほうが目の疲れや状態によって使い分けることができます。そのため負担がかから無い環境にすることができます。

乱視用のコンタクトにする場合の考慮

コンタクトにする場合脳内で補正ができるなら不要です。しかし症状が進み脳内で補正でき無いレベルならば専用のコンタクトを作ることになります。専用となると一般的なものより種類の幅が狭くなります。またソフトレンズにしたくても作ることができません。そのためハードタイプでしか作ることができません。ただしハードタイプはソフトレンズよりも目の異常を自覚しやすいメリットが挙げられます。症状が進めばさらに選べるコンタクトの幅が狭くなります。また、一般的なものよりも装着感に難があるコンタクトになることも考慮することが重要です。この症状の矯正のために使用するにあたって見えかたとしては夜の見えかたが特に良くなることがこの症状での矯正におけるコンタクトやメガネの特徴です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加